最近耳にすることが多くなった耳にするヒアルロン酸。某有名シニア向け健康食品の爆発的な売れ行きで、お年寄りから若者まで注目するようになりました。
 関節の動きなどをスムースにするといわれ、「いきいきした生活を!」というようなキャッチフレーズが目につきますが、実際に美肌への効果はどういったものが期待されるのでしょうか?
 家庭用に市販しているものや、医療用のものなどについて、美容効果と、毛穴ケアの視点でまとめました。

 

 

ヒアルロン酸は何をしてくれるの?

 結局、ヒアルロン酸を含んだものって、何が良いの?ってところですね。
 ヒアルロン酸は保湿力(保水力)が高く、粘性のある成分です。
 そのため、私たちの体の中でも、水分の多い場所にはたくさん存在している成分です。

 

 例えば皮膚は、表皮・真皮・皮下細胞というもので構成されていますが、ヒアルロン酸はこのうちの真皮に特に多く含まれています。
 年齢を重ねると、この真皮に存在しているヒアルロン酸が減少してしまいます。
 すると、肌の水分が十分に保つことができず、たるみや乾燥肌の原因となってしまいます。

 

 そのため、特にたるみによる毛穴の開きには、有効な成分ですね。

 

 

ヒアルロン酸といえば注射!注射の効果は?

 ヒアルロン酸というのは、分子が大きい成分です。
 そのため、肌表面からだと取り込みにくいという難点があります。
 しかし最近では、高分子であるヒアルロン酸を、低分子化したものが増えています。
 そうすれば、肌表面からでも取り込める量が増加するからです。

 

 とはいえ、それでも十分ではない場合があります。
 そこで、ヒアルロン酸注射というものが存在しているのです。
 これは直接注入するものですので、全てしっかりと取り込める、というメリットがあります。
 ただし、一般的な美容整形外科でのヒアルロン酸注射は1回あたり5万円以上します。
 品質補償のようなものがついている場合も多いですが、それでも しかしヒアルロン酸は体内で分解されてしまいますので、半年程度で効果が薄れてきます。 

 

 

ヒアルロン酸を増加させる成分

 

 ヒアルロン酸を肌から入れるなら、低分子化したもの、という結論になるのですが、もう1つ方法があります。
 それは、ヒアルロン酸を増加させる成分を肌に取り込むということ。

 

 例えばEXポリリン酸という成分は、FGFを助け、ヒアルロン酸を増加させる働きがあります。
 このような成分の入った化粧品を使用すれば、ヒアルロン酸による悩みは改善する可能性があるわけですね。

 

 

 ヒアルロン酸は毛穴の開きに直接アプローチするというものではありませんが、たるみ、シワによる老化対策、アンチエイジングの視点からするとかなり有効であると言えますね。
 摂取方法を比較すると、やはり効果が高いのはクリニックでの注射などが、より効果が期待できますが、決してお手軽とは言えません。デイリーケアを考えると、化粧品の使用で肌表面から。
 確実性をとるのであれば、注射でヒアルロン酸を注入するという方法というところでしょう。
 あとは、財布との相談になるでしょうね。

 

毛穴の開きを治す方法トップページへ戻る

毛穴に効果のある美容成分記事一覧

 ちょっと前まではコスメマニアくらいしか知らなかった成分のEGF。 でも最近は口コミで評判の良い化粧品には、「EGF」が入っていることが多いですね。 EGFと毛穴の開きへの効果について簡単にまとめてみました。【EGF(Epidermal Growth Factor)って何?】 EFGは人間の体内にあ...

 ビタミンCは人間の体にとって、不可欠な栄養素です。 ビタミンCがなければ、ビタミンC欠乏症が起こり、壊血病を発症することもあります。 この壊血病というのは、ビタミンC不足によって、コラーゲンの生成がされなくなってしまうことに起因しています。 とはいえ、現代人は欠乏症が起きるということはほとんど起こ...