毛穴の開きとケミカルピーリングについて

自宅で簡単に毛穴と角質をピーリング

 最近は市販のピーリングジェルも販売されているため、ケミカルピーリングの認知度は上がっているといえるでしょう。
 そのため、ケミカルピーリングやピーリングジェル、エステサロンでのピーリングはどう違うの?という疑問をお持ちの方もおおいはず。
 そこで、ピーリングの効果やエステサロンでのピーリングでの違いについて簡単に説明したいと思います。

 

自宅でピーリングを試してみたい方はこちらのトライアルから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


 

ピーリングは何に効果があるの?

 まずピーリングというものについて説明していきましょう。
 ピーリングは剥く(ピール)から出来ている言葉です。
 そのため、簡単に言ってしまえば、古くなった角質や肌の表皮を剥くのが、ピーリングなわけです。
 こうすることで、新しい皮膚の再生を促進することができるので、健康で美しい皮膚が取り戻せるということなのです。

 

 しかし、粗悪なジェルや間違った方法で行うと肌には相当負担がかかります。
 本当に驚くほどの負担がかかってきますので、ケアが大変ですし、一歩間違えると前よりも悪化するなんてことが、往々にしてあります。

 

ケミカルピーリングと市販のピーリングジェルの違い

 ピーリングの原理は先ほど記載いたしましたので、続いて、ケミカルピーリングとピーリングジェルについて記載していきましょう。

 

 元々ケミカルピーリングというのは、大変強い酸が含まれた薬品を使用しています。
 そのため、医療行為として医療機関でのみ、行っています。
 ですので、クリニックで行うケミカルピーリングと、エステサロンや市販のジェルでのピーリングとは全く別物です。

 

 もちろん、エステサロンや市販のジェルによるピーリングも、多少は効果がありますが、中途半端なピーリングとなることが多いのです。
 そのため肌に必要なものは奪い取ってしまったのに、古い角質がまだ残っている、なんてどっちつかずな状態になりかねません。
 逆にケミカルピーリングは、しっかりと角質と表皮を剥くことができるので、皮膚の再生を促進させることが出来るのです。

 

ピーリング後の肌とアフターケア

 ピーリング後の肌というのは、大変デリケートです。
 クリニックやエステサロンで施術をした後は、しっかりと保湿してくれますので、問題ありません。
 もちろん、自宅に戻った時にも保湿はすべきですが、ピーリング直後の保湿はしっかりしてもらえます。

 

 問題は家でのピーリングです。
 ピーリング自体は手軽に出来ますが、その後の保湿は案外時間もかかるし、手間もかかります。
 ですので、中途半端になりかねない、かつ、ピーリング後の後処理のことを考えると、家でのピーリングは考え物ですね。

 

 もしプロに頼らず自宅で古い角質や毛穴の角栓を取りたいということなら、ぜひ、細かい粒子による吸着力を利用した洗顔料を使用すると良いでしょう。