洗顔の泡が毛穴の汚れを掻きだす、はウソ?

キメの細かい泡が、拡大された毛穴のイメージ図の中に入り込んで毛穴の中の汚れを綺麗に掻きだす・・・という絵を見たことはありませんか?
CMなどでよく言われているフレーズで、よく見るイメージ図です。

 

しかし、残念ながらこれはあくまで「イメージ図」でイメージであって実際に毛穴に泡が入り込むことはありません。
例えば、ニキビ痕などの大きな凹みになってしまった箇所などがあれば別ですが、みなさんの悩みの元である毛穴は洗顔料の泡が入り込んでいけるほど大きな穴ではないのです。
そういうと泡洗顔ではなく、オイルやリキッドのクレンジングを使っている方は「私の使っているクレンジングはするすると毛穴に入り込むようにさらっとしているから大丈夫!」と思われるかもしれませんが、残念ながらこれも同じことです。

 

毛穴の表面近くのくぼみにはもちろん到達しますしそれは見てわかると思うのですが、期待している「毛穴の奥まで入り込む」というのは、洗顔料の泡の細かさやクレンジング剤のテクスチャに関わらず不可能だと言われています。
毛穴の中に泡が入り込んで根こそぎ汚れを落としてくれる、というイメージは非常に興味をそそられますが、そううまくはいかないようです。

 

本当の洗顔の意味

では、洗顔は全く毛穴の開きを治すことに効果がないのかというとそうではありません。
まず第一に清潔にする必要があるため、洗顔は必須です。さらにいえば、毛穴の開きと洗顔方法のページでも触れましたが、洗浄力の強いもので洗うとさらに毛穴が目立ちます。
必要な潤いを奪うことなく、余分な皮脂や、古くなった角質を吸着して取り除き角栓をケアすることが重要です。
それを可能にする洗顔料のひとつはクレイ洗顔が有名です。

 

それから毛穴が目立つのは必ずしも汚れが詰っているからだけではなく、様々な要因が考えられます。インナードライもそのひとつです。
毛穴が気になるあまり過度の洗顔や汚れ落としのケアを繰り返すことで、気づかないうちに乾燥が進み、結果皮脂が必要以上に過剰に分泌されてしまいその皮脂が毛穴を詰らせて・・・という絵に描いたような悪循環に陥っている方もあるかもしれません。
まずは本来のスキンケアを見直し、本来の肌のバリア機能である皮脂を適切な状態でコントロールする、それが一番の近道です。

 

毛穴の開き対策。これって効果あり?トップへ戻る