20代にはなかった毛穴の開き。なぜ?

30代になると水分が急速に失われるため毛穴が目立つ

 

 10代・20代女性に、鼻の毛穴の目立ちが気になる人が多いのに比べて、30代になると、ほほの毛穴が気になる人が急増します。

 

 それは、20代なかばくらいから肌の衰えが進み、30代に入ると潤いが不足してくるためです。
 潤いが不足すると、肌は乾燥するため毛穴は目立って見えてしまいます。

 

 30代、40代の方には失礼ですが、肌レベルでは20代なかばから「老化」は始まり、年齢とともに、肌の潤いのもととなるセラミドが減少します。
 セラミドとは、肌の細胞と細胞の間で水分を貯めこんでくれる部分で、20代と50代では、2倍近くの差があるそうです。

 

アンチエイジングが毛穴レスへの第一歩

肌内部の保水力を高めることが毛穴の開きにも効果あり

 毛穴の開きが気になる方は、毛穴ケアを一生懸命になる場合が多いですが、実は肌の乾燥を防ぐことが毛穴の悩みを解決する近道なのです。
 乾燥すれば、シミ・小じわ・毛穴など肌のお悩みすべてが目立ちます。
 なので、肌内部に、しっかり水分を与え、内側からふっくらさせて毛穴を閉じる。そういうイメージになります。

 

 水分は、肌表面に水分を与えても意味はありません。
 特に肌が乾燥している方は、古くなった肌の角質がとれておらず、毛穴が蓋をされてる態です。
 古い角質がたまっている人は、肌がくすんで見えます。
 そういう方は、蒸しタオルやお風呂などでゆっくりあたためて肌を柔らかくして、優しく洗顔してください。

 

 肌が柔らかくなったところで、肌内部に水分を与えてあげます。
 表面の保湿には乳液ですが、肌内部の保水力のアップにはセラミド成分を補給する化粧水がおすすめです。

 

ディセンシアつつむ

>>>ポーラ・オルビスの保水専門化粧品「つつむ」

 

 保水力が高まると、毛穴の開きも目立たなくなるとともに、目尻や口元の小じわも少なくなります。
 潤いを与えてあげることが、年齢とともに出てくるいろいろな肌の悩みにを解決してくれるとういうことですね。

 

 

タイプ別に見る毛穴の開きの治し方ページに戻る