洗顔しても脂っぽい?それはインナードライかもしれませんよ。

インナードライは毛穴の大敵

 

 洗顔しても、いっこうに毛穴の開きは治らない。
 治らないばかりか、どんどん脂っぽくなるし、洗顔し過ぎて顔がヒリヒリしている・・・。
 そういう方は、インナードライの疑いがあります。

 

 インナードライとは、その単語のとおり、肌の内部が乾燥している人です。
 それでいて、肌の表面は脂っぽい。なので、オイリー肌と勘違いして、ゴシゴシ洗顔してさらに乾燥を招くということに繋がりやすいです。
 乾燥は毛穴が目立つ一番の原因なので、インナードライを解決してあげる必要があります。

 

 インナードライになる原因は、顔のゴシゴシ洗い以外にも外部からの刺激で、多々起こります。
 例えば紫外線に当たる機会が多い、冬の暖房、夏の冷房のあたりすぎ。
 保存料など添加物の入ったコスメの使いすぎなどなど。

 

インナードライが肌に与える影響

インナードライのままでは洗顔の努力は無意味

 例えば、紫外線に当たると、焼けた肌角質は剥がれ落ちます。
 通常、健康な肌が出来上がるサイクル(ターンオーバー)は28日周期ですが、途中で剥がれ落ちると、28日を待たずに新しい肌が一番外に押し出されます。

 

 まだ出来上がっていない肌は外からの刺激を守るためのバリア機能が不十分なので、強めに顔を洗ったりすると、すぐに肌内部の水分を奪われてしまいます。
 洗えば洗うほど肌は弱っていき、すぐに水分が逃げるので保湿が効かないというとてもやっかいな状態になってしまいます。

 

 

 

インナードライと毛穴の開きを同時に解決する方法

 

 とにかく、肌は水分を欲しているので、保水することを心がけます。
 まず洗顔はもっちり泡の泡洗顔ではなく、クレイ洗顔などの肌に優しい洗顔料を使います。
 泡洗顔は指でこすり洗いしなくていいぶん、洗浄力が強力な場合が多いです。

 

ビーグレンクレイウォッシュ

>>>肌を傷めない洗顔「ビーグレンクレイウォッシュ」

 

 次に肌内部に水分を送り込むため、化粧水をたっぷり使います。
 肌細胞と細胞の間で水分をためておく場所をセラミドといいます。なので、セラミド入の化粧水がベストですね。

 

ディセンシアつつむ

>>>ポーラ・オルビスの保水専門化粧品「つつむ」

 

 

 

 肌表面はオイリーなので、乳液はしばらく休憩。そのかわりにたっぷりめに美容液を押し込みましょう。
 次の新しい健康な肌が生まれてくるのに1ヶ月近くはかかりますので、それまでは乾燥を防いで保水を心がけてください。

 

タイプ別に見る毛穴の開きの治し方ページに戻る