毛穴ケアを考えた洗顔料選び

毛穴の汚れ落としと、保湿のバランスを考えた毛穴専用洗顔料の紹介

 

 洗顔料を選ぶ基準は洗浄力と肌への影響のバランスです。すごく汚れ落ちのよいものもありますが、乾燥を引き起こしやすくなります。
 肌にあった洗顔を選ぶようにしましょう。

 

どろあわわはマリンシルトの働きで、皮脂汚れを強力に吸着

とにかく毛穴を目立たせたくない方へ
泥成分が汚れをしっかり吸着するので、洗浄力抜群。なので、肌が弱いと思う人は十分な保湿が必要。

 

ルナメアクリアウォッシュは洗顔後の角質ケアを革命的に簡単にする化粧品

くすみが気になる30代以上のかたへ
洗顔後にさっとひとふき10秒で毛穴の奥の汚れをふきとり、美容成分を肌にあたえます。

草花木果は肌が弱めの人向けの毛穴洗浄用ミルク

洗浄と潤いのバランス重視の方へ
天然成分を贅沢に使用。肌のキメを整えながら、開いた毛穴を目立たなくします。

ビーグレンは洗浄剤を使わないクレイ洗顔。ゴシゴシ洗わないので敏感肌の人にも使える

ビーグレン・クレイウォッシュ

泡洗顔が肌に合わなかった方へ
洗浄剤を使わないクレイ洗顔で、優しく洗い柔らかな肌を作ります。

くすみを落として10歳マイナス肌を目指す北の快適工房の二十年ほいっぷ

二十年ほいっぷ

シワ・シミも目立つ方へ
くすみ用洗顔で、顔の明るさをワントーン明るくします。くすみがとれれば、毛穴、シミ、シワを目立ちにくくします。

 

毛穴の開き原因別洗顔選び

 

汚れによる毛穴の開き

 毛穴が開く原因は毛穴の原因のページでみたとおりさまざまです。
 このタイプの毛穴の開きをケアしてあげるには、角栓を自然に落とし、かつ、肌の水分が落ちないように洗顔をする必要がありますね。
 ですので、以下のポイントに気をつけて、洗顔料を選びましょう。

 

  1. 毛穴の表面を傷つけず、優しく洗える
  2. 汚れや古い角質、角栓だけを落とす吸着力がある。
  3. 新陳代謝を活性化させ、新陳代謝をよくする成分が入っている。

泡の吸着で皮脂汚れを落とす強力洗顔料どろあわわ


 

加齢による毛穴の開き

 このタイプの毛穴の開きをケアしてあげるには、コラーゲンやヒアルロン酸のような毛穴を支える成分を補給する必要があります。
また、年齢を重ねた肌は乾燥しがちですので、保湿をする必要がありますね。
 ですので、以下のポイントに気をつけて、洗顔料を選びましょう。

 

  1. 新陳代謝を活性化させ、新陳代謝をよくする成分(EGF、FGF)が入っている。
  2. コラーゲンを生成するためのビタミンCが入っている。
  3. 乾燥を防ぎ、ハリと弾力を与える保湿成分(ヒアルロン酸やセラミド)が入っている。

保湿のできる洗顔石鹸



 

脂性肌による毛穴の開き

 このような毛穴の開きをケアしてあげるには、皮脂腺のコントロールをする必要があります。
 また、脂性肌の方は、黒ずみにも悩みのある方が多いので、しっかり黒ずみを吸着する必要もありますね。
 ですので、以下のポイントに気をつけて、洗顔料を選びましょう。

 

  1. 皮脂の過剰分泌を防ぐために洗浄力があまり強すぎない
  2. 汚れや古い角質、角栓だけを落とす吸着力がある。
  3. 皮脂腺のコントロールをするため、ビタミンCが入っている。

泡の洗浄力で皮脂を抑えるならこの洗顔

 

全てのタイプ悩みを網羅することは可能?

 毛穴の奥まで粒子が入り込み、かつ、汚れを吸着する成分というのは、最近ではクレイ洗顔が有名です。
 クレイというのは泥のことですが、泥の粒子は大変細かい粒子であるため、しっかりと毛穴の奥に入り込みます。
 しかも泥は水にとけることで、マイナスに帯電し、プラスに帯電している汚れを吸着します。

 

  • ターンオーバーのためのEGF、FGF
  • コラーゲン生成に必要、かつ皮脂腺のコントロールができるビタミンC
  • 保湿成分であるヒアルロン酸、セラミドなど

 これらが入っている必要があるわけです。

 

このような要素、全て網羅しているのはアメリカ生まれのスキンケアブランドビーグレンです。ビーグレンは365日の返金保証付きです。
まだ「b.glen」をお試しになったことが無いのでしたら、ぜひ今日、トライアルセットからスタートしてみてください。

 



 

毛穴の開きと洗顔方法に戻る